ふるさと郡上TV

郡上八幡城
前のページに戻る

郡上八幡城は戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数が砦を築き、稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)、6代城主遠藤常友の修復によって幕府から城郭として認められるに至りました。現在の城は、昭和8年(1933)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣等は八幡町重要文化財に、一帯の城跡は県史跡に指定されています。天守閣は築60年をこえる日本最古の木造再建城です。
現在、内部は歴史資料館などとして利用されています。市街地を流れる吉田川のほとりにそびえる山城で、城自体は小規模ですが、城下から眺める城の風景や、城から見下ろす城下町のたたずまいは大変美しいものです。11月上旬に行われている、園内ライトアップの期間中は天守閣が夜間開城されており、シーズンを通して唯一、夜の城下町を最上階からご覧いただけます。

郡上八幡城
岐阜県郡上市八幡町柳町一の平  
TEL:0575-67-1819

ホームページ