ふるさと郡上TV

郡上みそ
前のページに戻る

かつては、郡上の各家庭で造られていたといわれる味噌。元々は調味料というよりは保存食として用いられており戦国時代(1400年代後半)には兵糧として重宝され、兵士の貴重な栄養源になっていました。その名残は、朴葉味噌(ほうばみそ)などに残っていますそんな郡上で最も古い蔵元が『ヤマクラ大坪醤油』です。家庭によって微妙に異なる味、色々な自家製味噌の長所を持ち合わせるお味噌を造りたい。そんな試行錯誤の末、創業以来百年の歳月を経て、昭和30年代に悲願のお味噌が完成しました。まだ名も無き味噌に、「郡上を代表する味噌になってほしい。」そんな願いを込めて三代目当主が「郡上みそ」と名付けました。そんな味噌杜氏の味へのこだわりが、今なお受け継がれています。お味噌の中のたまり成分がそのまま入っているこの味噌は普通の味噌よりも柔らかくこのエキスをまぜて使う事で美味しさが増します。

ヤマクラ大坪醤油株式会社
郡上市白鳥町白鳥220番地1
TEL:0575-82-2017 FAX:0575-82-4253
E-mail:gujomiso@wonder.ocn.ne.jp

ホームページ