ふるさと郡上TV

渓流と師匠と弟子の熱い絆!
前のページに戻る

“今なお残る郡上釣りの技と心”~伝説の職漁師が伝えた極意とは~

かつて郡上には、旅館や民宿からの依頼を受け、「その日の膳に上がる食材」としての川魚を提供することで
生計を立てていた“職漁師”と呼ばれる男たちが存在した。彼らは生活をかけて竿を振り、後に“郡上釣り”と呼ばれる釣法を確立し、全国にその名を轟かせた。その職漁師集団の中でも数々の伝説を残した名人「古田万吉」通称“万サ”。幼い頃、この万サに直接手ほどきを受け、70歳を超えた今でも川に立ち続ける一人の老人が八幡町に存在する。伝説の男が伝えた郡上釣りの極意とは?自然環境の変化とは?川の魅力とは?

職漁師が伝えた技と心を継承し、50年間川を見続けてきた一人の男性に映像を通して迫ります。