ふるさと郡上TV

拝殿踊り・歌い手の即興の技
前のページに戻る

~即興で歌をつくり掛け合う拝殿おどりの歌い手の皆さん~
白山信仰と深いつながりを持つ拝殿踊りは白鳥おどりのルーツで(国選択無形民俗文化財)となっており、毎年8月のお盆明け16日から下旬にかけて白鳥地域の白山神社で開か­れます。キリコ灯籠の下で音頭取りの声と下駄の音だけで踊る素朴な踊りです。保存会のメンバーである猪又元子さんと白鳥地域の皆さんが、即興で自由自在に歌詞を創作し歌い­上げる様子と唄の背景にある郡上の日常の暮らしぶりを訪ねてみました。