メンズ脱毛を受けている、もしくはこれから受けようと考えている人の中には、毎日欠かさずお酒を飲むという人も多いのではないでしょうか。
自分から進んで飲まなくても会社の上司や友人達に誘われて、ついつい飲みに行ってしまうという人もたくさんいるかと思います。
しかし、千葉のメンズ脱毛では施術前後のお酒は控えなければならないという決まりがあります。
今回は、アルコールとメンズ脱毛の関係性について解説していきましょう。

脱毛前後にアルコールを摂取してはいけない理由

脱毛前後にアルコールを摂取してはいけない理由
メンズ脱毛を行っているサロンやクリニックでは、脱毛前後のアルコールは認められていません。
これは脱毛を受ける際の常識と言える要項として広く認知されていることです。
ではなぜ脱毛前後にアルコールを控えなければならないかというと、実は「皮膚の過敏性」が関係しています。
脱毛機器の照射が毛根だけでなく皮膚に負担を与えてしまう問題が発生します。
脱毛機器はレーザー照射によって毛根にダメージを与え組織を破壊することを目的としています。
この時、皮膚の過敏性が高まっている状態にあると肌に余計な負担を与えてしまうことになるのです。
施術を行った日はアルコールだけでなく入浴も控えるようにしてください。

お酒を飲むと肌が過敏になるのはなぜ?

お酒を飲むと肌が過敏になるのはなぜ?
私たち人間はお酒を飲むことによって、血行促進・体温上昇・体内の水分量が減少するといった反応が起こります。
お酒で顔が赤くなったり、体やかゆくなったりするのはそのためです。
お酒は水分だと勘違いしている人は多いのですが、実はその反対で飲めば飲むほど体内の水分が減っていってしまいます。
これはアルコール摂取によって起こる利尿作用で体内からどんどん水分が排出されていく症状が関係していますが、皮膚にかゆみが出るのは水分量が減り乾燥してきている証拠とも言えるでしょう。
アルコール摂取は体の水分が失われて肌の過敏性を促してしまうので、メンズ脱毛の施術前後は特に影響しやすい環境であることがわかります。

千葉のメンズ脱毛では脱毛前後のアルコールについて案内や指導を行っていますが、万が一お酒を飲んでしまった場合はできるだけ水分をたくさんとって体の水分量を減らさないようしましょう。
飲酒後の施術にどうしても不安が残る場合は、千葉の脱毛サロンまたはクリニックで予約の変更・キャンセルの手続きを行ってください。
メンズ脱毛の施術効果を高めるためにできるだけ万全の態勢で施術してもらうことをおすすめします。